かつひろ的思考

皇国の国是は八紘を一宇とする肇国の大精神に基き世界平和の確立を招来することを以て根本とし先づ皇国を核心とし大亜細亜の強固なる結合を根幹とする大東亜の新秩序を建設するに在り。



Entry : main   << >>
報道特集 国産ステルス機
0
     報道特集で国産ステルスの開発状況を報道。いよいよ国産戦闘機の登場の日も近いと思われるか。
     
     そんな報道に気をよくして見ていると、司会者の頓馬な発言、お決まりの戦争への道を辿る件。

     戦争反対は世界中の誰もが望む事。どんなバカでも戦争が好きなやつはいない。しかし、中国・韓国の反日運動が激しさを増す昨今、中国に至っては度重なる領空・領海における侵犯を繰り返し、ロシアの戦闘機も相変わらずスクランブルの手を煩わせる。

     日本の腐れメディアは、国内に不安だけをばら撒き、海外に対して戦争回避のための日本政府の施策の真意を伝える事はしない。自分たちの浅はかさが曝け出されることは避けたいのだろう。

     本当は議論だけでは戦争回避できない事も、今の世界情勢を見れば一目瞭然、武力の前にはペンの力も及ばない事は重々承知しているはずだ。

     最近、ドイツが中国と仲良くなり始めた。第一次世界大戦で日本が中国に進駐した事情に詳しい方はピンと来るかな?

     第二次大戦の時もそうだが、欧米・近隣諸国に図られながら開戦となる。特に中国・朝鮮には振り回される。いまの日本はそうした近隣諸国よりも、平和ボケした国民と反日メディアや理想主義者が一番の敵になるだろう。ゆとり教育で生まれた無気力小僧も使えない。

     そういうバカと心中はしたくないので、日本の安全を真剣に考えられない反日活動家や反日外国人は戦争になりそうになったらさっさと国外や自国に逃げ帰って下さい。そして帰ってくんな。永世中立国に行って永住権もらったら? 

     故郷の安全も人任せで、あれいやこれいやと権利だけを主張するようなアホ日本人に主権などと主張されたくない。その主権さえも外国人に渡そうとしている事にも気づかず、反日政党に票を入れるようなバカ国民は左翼教育をいい加減拒否し、主権を唱える前に愛国精神を養う事が先決だ。

     「集団的自衛権を行使すれば、徴兵制度が復活し日本は戦争へと突き進む」なんちゃって、正にバカの論理。もっと勉強するが良い。本当にそうなるか? 誰もが戦争は否なんだよ。そんな簡単に戦争するか? 平和なお湯にどっぷりと浸かった理想主義者の妄言に、もうこれ以上付き合ってるヒマはない。

     自国のちからで平和を保てる国家を創ってこそ真の平和が訪れる。


     解った???



     
    | 横浜寝太郎 | 20:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
     遅ればせながら、明瞭かつ力強いコメントを頂きありがとうございます。最近の偏向報道については目に余る物があります。今後の日本の行方が心配でなりません。
    Posted by: かつひろ | at: 2014/09/07 2:49 PM
    TBSの金平茂紀キャスターは、日本人ではない。どこの国籍だ。!!!

    TBSの金平茂紀キャスターは、中国(中華人民共和国)が、今、何をやろうとしているのか知っているのか。またその真実を正確に詳細を報道した事があるのか。!!!

    7月12日のTBS報道特集(先進技術実証機:ATD−Xのロールアウト)に出席した、
    TBSの金平茂紀キャスターは、中国(中華人民共和国)が、今、何をやろうとしているのか知っているのか。またその真実を正確に詳細を報道した事があるのか。!!!
     TBSの金平茂紀キャスターは何も知らないように見える。これで本当にキャスターか。!!!

    |羚颪郎、東シナ海では、日本の尖閣列島を過去の歴史上、人類考古学上、人類社会科学上、人類社会地理学上、尖閣諸島に中国人が一度たりとも居住した事は無く、ゆえに証拠・根拠が全く無い。
    そのくせ、尖閣諸島は中国のものだと強奪しようと、1万回言えば中国のものになる、軍事力を使えば可能だと思い込んでいる。そんなことは絶対ありえない。

    アメリカ合衆国との間の協定(沖縄返還協定)によりわが国に施政権が返還された地域に含まれている。尖閣諸島は、歴史的にも一貫してわが国の領土たる南西諸島の一部を構成している。
    元々尖閣諸島は、1885年以降、複数回にわたる調査により清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重に確認の上、1895年1月、日本は正式に国際法により、日本の領土に編入し、国際法により、正当に日本が領有権を取得した。その後、政府の許可に基づいて移民が送られ、鰹節製造等の事業経営が行なれた。
    1895年1月、日本は正式に国際法により、日本の領土へ編入し、国際法により、正当に日本が領有権を取得したものであること。(無主地の先占)  
    よって何の問題もない。
    1968年に周辺海域に石油資源が埋蔵されている可能性が指摘され、1971年に中国政府及び台湾当局が領有権を主張するまで、日本以外のいずれの国・地域も領有権を主張したり、異議を述べることはなかった。(中国側が尖閣諸島を日本の領土として認識していたことを示す文書もある。)
    このことは、明らかに中華人民共和国政府は、国際法の大違反であり、国連憲章の大違反である。また、国際海洋法にも大違反した行為をしている。
    日本には尖閣諸島に日本人が居住して生活していた証拠事実はこのようにいくらでもある。よって尖閣諸島の領有権は日本にあることが明確に確立されている。
    そして勝手に東シナ海の上空に日本の領土、領海の上に、防空識別圏を作り、その防空識別圏が領土、領海、領空が中国のものだとの範囲設定を規定している。
    これもまた、国際法、国際海洋法、国連憲章まで違反している。特に国連憲章では、紛争は平和的手段で行わなければならないと規定した国連憲章まで違反している。
    また、南シナ海の西沙諸島、中沙諸島、南沙諸島で、ベトナム、フィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアの国々との間でも領土、領海、領空を何の根拠・証拠も無いくせに、同様に中国は強奪する事を事実化しようとしている。

    中国は、国連憲章の前文・第一章(目的及び原則)の第一条・3項の基本的人権の尊重、言論の自由の定義・規約・義務に大違反している。!!!

    C羚颪蓮国連憲章の前文・第一章(目的及び原則)の第一条・1項の国際的紛争の解決は平和的手段、且つ正義及び国際法の原則に従い実現させることの定義・規約・義務に全く違反している。!!!

    っ羚颪蝋餾歐邑規約の国際法に違反し続けている。
     国際人権規約は、言論の自由、報道の自由、知る権利の自由、表現の自由、信仰の自由、集会・結社の自由、民族自決の自由の権利の確立を規定しているのだ。

    ゴ靄榲人権の尊重、言論の自由を規定した国連憲章にも違反し続けている。

    国際海洋法の国際法にも違反し続けている。

    中国は、勝手気ままに国際法違反をし、勝手に東シナ海上空に領土、領海、領空を主張する防空識別圏を強行に設定し、ステルス戦闘機なども配備して行動している。
    よって日本は、高精度ステルス性能、高精度運動能力性能のあるステルス機により、当然領土、領海、領空を国防上で防御防衛する必要性は当然出てくる。またこの性能のステルス機が国防上、重要な役割と機能となる。

    TBSの金平茂紀キャスターは何を考えているのか、理解しがたい。
    これらの重要な事を何も知らないように感じる。

    TBSの金平茂紀キャスターは、上記の´↓きキΔ瞭睛討了実・真実を知っているのか。

    TBSの金平茂紀キャスターは、上記の´↓きキΔ瞭睛討了実・真実を丁寧に正確に全世界に説明と報道をしなければならない報道キャスター、
    Posted by: 月光仮面 | at: 2014/07/24 8:29 PM







    Trackback

    PR
    New entries
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    余命三年時事日記
    余命三年時事日記 (JUGEMレビュー »)
    余命プロジェクトチーム
    Recommend
    Recommend
    Profile
    Archives
    ジオターゲッティング

    ジオターゲティング
    ペガサスの翼
    enter
    日本のこころを大切にする党
    日本のこころを大切にする党
    新樺太市役所
    新樺太市役所
    Links
    Admin
    Genius Party